アンチツール派の僕がせどりツールを購入した訳

せどりのツール(価格調整等の)がいくつか出回っているのは知っていましたが、いままで購入したことはありませんでした。AMTSあたりが有名ですよね。
せどりのツールが多くの人に使われるようになったのは、AMTSが火付け役とも言えます。


でも、こういったせどりの価格調整ツールが出てきたせいで、やたらと1円値下げが流行り始めたのもこの頃です。もちろん今でも常に他者より1円値下げをしてくる人もいますが、今は当時ほどやる人は多くありません。当時は自動で最安値にできるということが画期的だったので、ツール購入者がこぞって1円値下げをしていたみたいですが、多くの人がこれをやると値下げスパイラルにおちいって、あっという間に相場が暴落してしまうので、今は沈静化しているという訳です。やるなら同値段の最安値追従で十分なのですから。


そういった1円値下げに対するアンチテーゼ的なものもあり、また当時の僕の在庫が800点ぐらいで、まあまだ手動でも回せる(と言ってもこれぐらいの在庫でもツールを使った方が効率的なのは間違いないです)状態であることもあって、せどりツール購入には至りませんでした。


しかしその後在庫は1000点を超え(一時期は1400点ほどに)、また、せどり以外のネットでの商売にも手をつけ始めたところ、時間が全く足りなくなってしまったのです。特に価格調整に取れる時間が少なくなり、そうすると売れ行きが悪くなります。


せどりは爆発的に稼げるものでは無い反面、動けば動いた分だけそれなりに収入に直結します。しかもアマゾンからの入金は2週間に一度です。またせどりは失敗しても金銭的なリスクはほとんどありません。そんなこともあって、せどりを辞めるつもりはまったくありませんでした。


そうすると効率化・時間短縮のためには、ツールを使うべきじゃないかという結論に至ったのです。ちょうどAMTSよりかなり安いせど楽君というせどり支援ツールが販売されたところでしたので、これを購入しました。


使い始めて初日にこう思いました
「もっと早くせどり支援ツールを買えばよかった」と(笑)

出品・価格調整がかなり効率化できます。特に価格調整は、自分が仕入れてきた本がどんどん下落していくのに追従するという作業になりがちで、精神的にあまりポジティブなものではありません。これから解放されるだけでもツールを使う意味はあります。初心者以外の方がせどりの収入を増やすためにノウハウを買うのなら、ツールを買った方がいいと断言できます。


在庫が500点以上ある人や副業の人はぜひツールを使ってみてください。時間をかなり節約できて、その浮いた時間を他のことに回せます。精神的に余裕が持てますよ!ツールを使わずに3年ほどせどりをしてきた僕は、今、心からそう思っています。


人気ブログランキングへ ← 押してくれた方、ありがとうございます。わーい(嬉しい顔)
ブログを書くモチベーションになっています。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


トップ > せどり (ローリスク → ミドルリターンの副業) せどりツール比較 > アンチツール派の僕がせどりツールを購入した訳


せどりツールの比較


AMTSは今ではプロ仕様となっていて、専業でしかも事業として大規模にせどりをやっている人向けです(サービスも価格も)。数千冊クラスの在庫がある人以外は、個人でこのランニングコストはちょっと厳しい。法人化して大規模にやっている方にはおすすめです。

せど楽君は、せどり支援のフルサポートツールにしては安くていいです。初心者向けの「せど楽君 Mini」からアマゾンのFBAに対応した「せど楽君 FBA」まで、自分の出品規模に合わせた選択が出来るのが嬉しいです。
ちなみに僕はベーシックな「せど楽君」を使っています。使い勝手も良いのでおすすめです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。